戻る

Ring On Time Version 1.3(J) の履歴

by Kat Hara

v1.3 (J) (2003年12月)
MacOS X に対応。
・「フォルダ」ボタンを追加。
 (これまでもフォルダからのランダム選曲は可能だったが、専用のボタンがなく、ほとんど認識されていなかった)
・起動項目にエイリアスを作る機能を削除
・「省エネルギー設定を開く」を削除

v1.12 (J) (2002年10月)
QuickTime 6 に対応

v1.0 (J) (2002年10月)
フォルダからのランダム選曲機能を追加。
時間読み上げ機能を追加。
・オプションとして「設定画面が開いている間は作動しない」を追加。
・フォルダ内の再生可能ファイルのチェックを追加。
・タイマーのサウンドファイルを選択可能に。
・お知らせメッセージのフォントを選択可能に。

v0.71 (J)(2001年4月末)
・QuickTime が読み込んでしまう画像ファイルのうち、PICT、JPEG、GIF、TIFF、JFIF、Targa、フォトショップ、PNG、BMPを受け付けないようにした。テキストファイルもはじくようにした。

v0.70 (E)(2001年4月中旬)
・英語版初公開
メッセージ機能を追加。
タイマーを追加。
・時間設定画面に手打ち入力画面を追加。
・省エネルギー設定のコントロールパネルを開く機能を追加。
・起動項目にエイリアスを作る機能を追加。
バルーンヘルプを追加。
・ドラッグ&ドロップで扱えないファイルを選択した際に表示される警告メッセージボックスが、ちゃんと手前に来るようにした。
・設定画面を閉じるときにファイル再生を終了しないオプションを追加。
・サウンドマネージャーのバージョンチェックを追加。3.0 以上でなければ終了するようにした。
・ホームページへと飛んでいく「Ring On Time のホームページへ」を追加。

v0.50 (J)(2001年3月末)
・日本語版初公開

戻る